この度、日本服飾文化振興財団主催にて、服飾デザイナーおよび商品開発実務者に向けたセミナーを下記のとおり予定しております。

今回のセミナーは、前編後編の2回に分け、服飾文化の現在までの潮流やトレンドの推移を把握することにより、デザイナー業務に役立つ着眼や着想のポイントについて説明していきます。

万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い申しあげます。

■「服飾文化の潮流について(後編)」

■日程:平成26年8月1日

■プログラム: 11:00~12:15・服飾文化の潮流について

・過去から現在へ (テキスタイル・素材編)

■会場:一般財団法人服飾文化振興財団「服飾資料館」セミナールーム

(住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F )

■講師:栗野宏文

■申し込み方法:以下連絡先にて電話申し込みとなります。(定員50名)

■締切日:2014年7月31日

■参加費:無料

■連絡先:電話番号 03-6894-1989(月曜~金曜、10:00~18:00)

<事務局 鶴田雅之>

■その他:筆記用具は各自ご用意ください。

以  上

——————————————————————————————————————–

report

セミナー風景

■映像や音楽によるプレゼンテーションで、その時代の感覚も感じながらテキスタイルデザインに活用できる、視点や着想を学びました。

ファサード

■会場は資料館内のセミナースペースにて行われました。

この度、日本服飾文化振興財団主催にて、服飾デザイナーおよび商品開発実務者に向けたセミナーを下記のとおり予定しております。

今回のセミナーは、前編後編の2回に分け、服飾文化の現在までの潮流やトレンドの推移を把握することにより、デザイナー業務に役立つ着眼や着想のポイントについて説明していきます。

万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い申しあげます。

■「服飾文化の潮流について(前編)」

■日程:平成26年7月17日(木) ※後編は8月上旬を予定。

■プログラム: 17:00~18:30

・服飾文化の潮流について

・過去から現在へ

■会場:一般財団法人服飾文化振興財団「服飾資料館」セミナールーム

(住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F )

■講師:飯嶋 薫  株式会社R・B・K 代表取締役

 ・(株)三愛にて商品デザインをはじめ、ものづくり、みせづくりの推進され、日本SC協会理事など対外活動も積極的に参画し、業界屈指の人脈ネットワークを持つ。

 ・01年三愛グループを退任後、同年8月8日R・B・Kを設立。

 ・日本ショピングセンター協会理事 

 ・経済産業省、自立化支援事業コーディネーター

■申し込み方法:以下連絡先にて電話申し込みとなります。(定員50名)

■締切日:定員50名に達したため受付は終了いたしました。

      ご応募誠にありがとうございました。

■参加費:無料

■連絡先:電話番号 03-6894-1989(月曜~金曜、10:00~18:00)

<事務局 鶴田雅之>

■その他:筆記用具は各自ご用意ください。

以  上

——————————————————————————————————————–

report

セミナー風景2

■スライド資料を基にセミナーを行いました。

せ

■50名の方に受講いただきました。

セミナー風景

■講師からの質問も出たり、受講生とコミュニケーションを深めながら知識を深めていきました。

この度、一般財団法人日本服飾文化振興財団主催にて、服飾デザイナー等へ向けたセミナーを下記のとおり開催いたします。今回は、デザインにおいて「日本のスタンダードを目指す」をテーマに日本の古来の美意識や伝統に着目し、“いかに現代のアイテムと融合させていくか”について講師のこれまでの取り組みを基にお話いただきます。

万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い申しあげます。

■会場:一般財団法人服飾文化振興財団「服飾資料館」セミナールーム

 (住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F )

■日程:平成26年6月26日(木)

■プログラム: 19:30~20:30

 ・トラッドマインドとは?(古典を大事に)

 ・日本のおもてなし / 美意識とは?

 ・日本の服飾文化の継承の取り組みとは?

■講師:重松 理 

 1949年 神奈川県逗子市生まれ。

 1989年 株式会社ユナイテッドアローズ設立。

 2014年4月 当財団を設立し、代表理事に就任。

 2014年7月 株式会社ユナイテッドアローズ名誉会長就任。

■申し込み方法:以下連絡先にて電話申し込みとなります。(定員100名)

■締切日:定員100名に達したため受付は終了いたしました。

      ご応募誠にありがとうございました。

■参加費:無料

■連絡先:電話番号 03-6894-1989(月曜~金曜、10:00~18:00) <事務局 鶴田雅之>

■その他:筆記用具は各自ご用意ください。

以  上

——————————————————————————————————————–

report

 

会場 

■会場風景 100名の方にお越しいただきました。

 会場2

■講師の経験に基づいたセミナーで、参加者から活発に質問をいただきました。

講師

■講師 スタンダードを感じるトラッドアイテムを基に、デザインのポイントについて講義いただきました

服飾資料館には、

■オールドテキスタイルコレクションとして19世紀からのテキスタイルサンプルや数多くのパターンコレクション

■アンティークファッションマガジンコレクションとして洋雑誌、初版本

■アパレルサンプルコレクションとしてさまざまなブランドの洋服、靴等を所蔵しております。

そのコレクションを服飾に関する知識の普及と服飾文化の伝承を図るため、一般公開しております。

(5月22日(木)~5月30日(金)は新入荷資料の整理のため、一部の書架等をご利用いただけない場合がございます。

あらかじめご了承ください。)

■館内はカテゴリー分けされております。MAPをご覧ください。 館内MAP

■館内風景

IMG_0075

■書籍や靴など

靴

■アパレルコレクション

洋服

■19世紀テキスタイル資料

オールド

■90年代シーズンパネル

コレクションボード

■見学風景

IMG_0063

〔開館時間〕事前アポイント制のため、資料の閲覧をご希望の方は、info@jflf.or.jpまでお問い合わせください。

 平日 午前11:00~午後6:00 

〔休館日〕

 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始 

〔入館料・利用料〕

 無料

 〔所在地〕

 東京都港区赤坂8-1-19 日本生命赤坂ビル 8F

 (東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩2分)

〔設備〕

 一部バリアフリー設備(車椅子用スロープ、1F身障者用トイレ)

 

服飾デザイナー助成制度

趣旨

 この法人が服飾デザインに係る活動を行う者に対して助成することを目的として制定した「服飾デザイナー助成制度」に基づき、若手服飾デザイナーの活発なデザイン活動を奨励することによって、服飾文化の振興に寄与しようとするものです。

応募資格

 以下の(1)~(4)の全てに該当する者であること。

  (1) 服飾デザインに係る活動に従事している者

  (2) 募集年度4月1日現在で20歳以上35歳以下である者

  (3) 日本国籍を有する者、又は日本の永住資格を有する者

  (4) 過去にこの助成を受けていない者

対象となる活動

 服飾文化の発展に寄与する可能性のあるデザイン活動

助成金額

 1名あたり10~30万円以内

 毎年100万円を限度額とします。

募集期間

 毎年理事会の定めた時期に募集します。

 ※平成26年度は秋を予定しております。

助成の対象となる経費

 助成の対象となる経費は、活動にあたり通常必要とされる費用とし、諸給与・事務所維持費・生活費等の経費は除くものとします。ただし、活動のために臨時に雇い入れた者に対する謝礼金についてはこの限りではありません。

審査

 <審査の視点>

 助成を受けようとする者の活動内容が本事業の目的・趣旨に適合し、且つ応募資格の各要件を満たす者の中から、以下の基準で選考委員会が公正に審査します。

 (1) 原則として国内において服飾デザイン活動を行うものであること

 (2) 発展性を期待できる活動であること

採否の通知

 選考結果は応募者に文書で通知します。

助成金の交付

 原則として、指定口座(申請者名義)への振込払いとします。

報告

 活動終了後3カ月以内に、活動により得られた成果、支出した金額等についての「完了報告書」「会計報告書」を直接この法人まで持参していただきます。

 ※事前に電話等で日時をお約束ください。

 

応募手続

  (1) 応募書類

  ①申込書(PDFファイル) ※ 申込書

  ②履歴書(顔写真貼付、様式自由)

   必要事項をボールペン又は黒ペンで記入、もしくはプリンターにて印字してください。

  ・ホッチキス使用不可

  ・両面印刷不可

  (2) 応募方法

  (1)の応募書類一式を封入し、この法人宛にご郵送ください。

※直接のご持参はご遠慮ください

※連名、チーム、グループでの応募はできません。

応募先

 〒107-0052  東京都港区赤坂八丁目1番19号 日本生命赤坂ビル 八階

 一般財団法人日本服飾文化振興財団  助成事業担当

 TEL:03-6894-1989(代表)  FAX:03-6894-1990

「助成制度に関する規程」(PDF

この度、日本の伝統服飾文化である「きもの」についての講演会を下記により開催いたしますので、ご案内申しあげます。今回はユネスコの無形文化遺産にも選ばれた結城紬の生産地より織元の結城屋・井上和也氏を招き、世話人のひとり誉田屋・山口源兵衛と共に、作り手の思いと着物の今についてご講演いただきます。

ご予約のお申し込み、お待ち申し上げております。

■日程: 平成26年5月17日(土)

■会場: 束矢倶楽部 (住所: 東京都渋谷区神宮前2-31-12ユナイテッドアローズ本店・ウィメンズ館4階)

※直接、エレベーターで4階会場までお越し下さい

■プログラム: 13時~  開場 結城紬の着付け体験
  14時~  講演会

 講師プロフィール

 ■山口 源兵衛 

 1981年 京都の老舗帯問屋、誉田屋源兵衛 10 代目を襲名 2003年 日本文化大賞受賞 

 ■井上 和也 

  2004年 「工房思川桜」設立 結城紬の製作技術者の育成

  15時~  (引き続き、着付け体験をして頂けます)
  16時半  終了予定

■申し込み方法: 以下連絡先にて電話申し込みとなります。(定員先着50名)

■受付終了いたしました。

■参加費:無料

■世話人:笹島 寿美 山口 源兵衛 山本 哲士 道田 淳 成瀬 久美

■連絡先: 電話番号 03-6894-1989(月曜~金曜、10:00~18:00)<事務局 鶴田 雅之>

■その他: お着物をお持ちの方は是非、和装でお越しください。お着物をお持ちでない方は洋装でお越しください。

—————————————————————————————————————————-

report

HP掲載1 

■会場風景

IMG_2175

■講演風景:実際に手に触れ結城紬の手触り、あたたかみを感じてながら、生産者の方から歴史、文化について講演いただきました。

写真

■配布資料:原料である真綿と蚕の繭