公益財団法人日本服飾文化振興財団の資料館は、ファッション業界に携わる方、そして新たにデザイナーを目指す方々を対象に、ファッション文化振興のために開放し、閲覧や服飾文化伝承のセミナーや講演会を実施しております。

今回は、当財団評議員の小林麻美氏をお迎えし、全2回のセミナーを開催いたします。
小林氏は当財団に180着のYSLのヴインテージを寄贈、財団ではそれを活用して2回の展示会を開催しております。

また昨今は、お子様を育て上げ、雑誌に登場し、モデルとしてだけでなく自分が今まで経験してきたことをフォトエッセイにつづるなど、新たな分野での活動もされています。
今回のセミナーでは、小林さんに時を重ねる中で常に自分自身をアップデートすることの大切さ、
そしてどのように今のご自分に至ったか、またこれからの生き方について語っていただきます。

【開催概要】
◆タイトル   昨日の自分より今日の自分 –小林麻美の考える素敵な時の重ね方—
◆日時     第一回2017年12月13日(水) 受付開始:18:30 セミナー時間:19:00~20:00
        第二回2018年 1月31日(水) 受付開始:18:30 セミナー時間:19:00~20:00
        ※全2回のセミナー終了後、懇親会(20時~21時)を予定しております。
◆場所     公益財団法人日本服飾文化振興財団「服飾資料館」セミナールーム
(住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F )
◆申し込み方法 以下メールアドレスにてお申込となります。
info@jflf.or.jp
※セミナーは内容変えて2回の開催となります。申込の際は参加回数も合わせて明記ください。

◆締め切り   ご好評につき定員に達したた締め切りとなりました。多数のご応募誠にありがとうございました。
◆参加費    無料
◆その他    筆記用具は各自ご用意ください。

【小林麻美氏プロフィール】
1970年代からモデル、歌手、女優として活躍。資生堂やパルコのCM、ヒット曲「雨音はショパンの調べ」
などで、スタイリッシュな女性の代表格的存在となる。1991年結婚を機に引退。
2016年「kunel」で25年ぶりに表紙を飾る。
現在、公益法人日本服飾文化振興財団評議員。

SHARE

facebook

twitter