原宿は世界中にファッションの街として知られていますが、どのようにしてファッション・シティになったのでしょうか。1970年代から、なぜ、クリエイティブな人たちが原宿に集まってきたのでしょう。どのようにしてこの街を使いこなし、原宿を作ってきたのか。そして、リアルな場所がそれほど重要ではなくなっているインスタグラム世代はなぜ、原宿に来続けているのでしょうか。
歴史、クリエイター、来街者、メディア、ネットワークが作ったソーシャルスペース、この渋谷区の小さなスペースの魅力を解読してみたいと思います。
海外の研究者が日本の原宿について語ります。日本の外側から見た原宿を知る機会でもあります。
皆さまのお越しをお待ちしております。

公益財団法人日本服飾文化振興財団の資料館は、ファッション業界に携わる方、そして新たにデザイナーを目指す方々を対象に、ファッション文化振興のために開放し、閲覧や服飾文化伝承のセミナーや講演会を実施しております。今回は、ファッションやその社会現象を、学び研究している大学生・大学院生の発表の場を提供している「Think of Fashion Presentation」との共催になります。

【開催概要】
◆タイトル  「ファッションスペースとしての原宿」
◆パネリスト  ヤーナ カッツェンベルグ 日本学者
◆日時     2018年8月31日(金) 19:00~20:00
※講師や来場者同士で交流していただくため、20時00分より1時間ほど懇親会を予定しております。
◆場所     公益財団法人日本服飾文化振興財団「服飾資料館」セミナールーム
(住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F )
◆申し込み方法 「セミナー申し込み」と明記していただき、お名前、会社名、連絡先(メールアドレス)を記載して、お申込みをお願い致します。
◆締め切り   定員のため締切となりました。
◆参加費    無料
◆その他    筆記用具は各自ご用意ください。

【発表者プロフィール】
ヤーナ カッツェンベルグ 日本学者
ドイツ生まれ。デュッセルドルフ大学現代日本学学部卒業後、ケルン大学で日本学部大学院博士課程コースに在籍。専門は社会学、文化学から見た日本のファッションやファッション・メディア。

JFLFセミナー×Think of Fashion Presentation 003
主催:FashionStudies http://fashionstudies.org/top/
共催:公益財団法人 日本服飾文化振興財団 http://jflf.or.jp/
企画:篠崎友亮(FashionStudies) 久保田正子(公益財団法人 日本服飾文化振興財団)

服飾資料館のお盆期間中の休館日については以下のとおりとなります。
■2018/8/13(月)~8/17(金)は休館となります。 
※土日祝は定休となっております。
以上よろしくお願いいたします。
事務局一同

昨年行われた第1回目に続き、新年明けた1月末、日本服飾文化振興財団の評議員 小林麻美さんによる「昨日の自分より今の自分 小林麻美の素敵な時の重ね方」と題したセミナーの第2回目が開催されました。今回のテーマは、小林さんが愛する〈イヴ・サンローラン〉について。マリ・クレール編集長の田居克人さんをお招きして、対談形式で行われたセミナーの模様をここにお届けします。


【小林麻美氏プロフィール】
1970年代からモデル、歌手、女優として活躍。資生堂やパルコのCM、ヒット曲「雨音はショパンの調べ」
などで、スタイリッシュな女性の代表格的存在となる。1991年結婚を機に引退。
2016年「kunel」で25年ぶりに表紙を飾る。
現在、公益法人日本服飾文化振興財団評議員。

report
http://jflf.or.jp/report/02/
セミナーの内容はこちらからご覧いただけます。

服飾資料館のゴールデンウィーク期間中の休館日については以下のとおりとなります。
■2018/4/26(木)~5/6(日)は休館となります。 
※土日は定休となっております。
以上よろしくお願いいたします。
事務局一同

当財団ではファッション業界に携わる方、そして新たにデザイナーを目指す方々を対象に、服飾文化振興のため資料館を開放しております。今回は日本や海外を活動拠点とするデザイナーの創作活動を支援するため合同展示会を開催いたします。

《開催日時》
3月14日(水)11:00-18:00(受付17:30)
3月15日(木)11:00-17:00(受付16:30)
入場無料

《場所》
公益財団法人 日本服飾文化振興財団「服飾資料館」
(住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F)

《参加ブランドの紹介》
※PDF参照  PRESS RELEASE

《本件に関するお問い合わせ先》
公益財団法人 日本服飾文化振興財団 事務局 TEL:03-6894-1989

《<参加ブランドURL》
TSUKASA MIKAMI
MAKE NEW POINTS OF VIEW/NEW VALUE
『新しい視点・価値観をつくる』
http://tsukasamikami.jp/

Princess Hiromi
For the modern women who keep moving forward
前進し続ける21世紀の女性のための服  -戦わずして勝てる服-
www.princesshiromi.com

kitakikaku
過去・現在・未来の東京をテーマに
「和」だけではないTokyo . Japan を探ってゆくプロジェクト
http://www.kitakikaku.tokyo/

SEIJI INOUE
ノンエイジ、無国籍をテーマに現在と過去の要素をミックス表現
旅から得た インスピレーションに自身のフィルターを 通して、それらを融合し再構築いたします
http://seijiinoue.com/

MAUVAISES HERBES (モヴェズエルヴ)
あったらいいだろうなという服
日常の中で時々着る服ではなく何度もくりかえし着てもらえる服
そんな服をつくっています
https://www.instagram.com/mauvaises_herbes/

昨年12月、当財団評議員の小林麻美氏をお迎えし、「昨日の自分より今の自分 小林麻美の素敵な時の重ね方」のセミナーを開催いたしました。第1回目のセミナーでは、時間を重ねると共に自分自身をアップデートすることの大切さ、そしてこれからの生き方について語っていただきました。


【小林麻美氏プロフィール】
1970年代からモデル、歌手、女優として活躍。資生堂やパルコのCM、ヒット曲「雨音はショパンの調べ」
などで、スタイリッシュな女性の代表格的存在となる。1991年結婚を機に引退。
2016年「kunel」で25年ぶりに表紙を飾る。
現在、公益法人日本服飾文化振興財団評議員。

report
http://jflf.or.jp/report/01/
セミナーの内容はこちらからご覧いただけます。

第四回「平成二十九年度服飾デザイナー助成制度」対象者について

服飾界の将来を担う若手服飾デザイナーの創作活動を助成支援することで、わが国の服飾文化の振興に寄与ことを目的に、公正な選考基準により選考し、本年度は以下の4名を助成制度対象者として決定いたしました。

藤田 哲平 Teppei Fujita

竹島 綾  Aya Takeshima

吉田 圭祐 Keishuke Yoshida

大野 陽平 Yohei Ohno

以上

藤田哲平氏ご紹介
■選考理由
(活動テーマ:2018年開催のミラノコレクションのランウェイ資金として)
ブランドとしての活動実績があり、消費者の支持も受けている中、更に将来性も期待できる。国際的にも通用するブランドにするために活動しており、既に実績もあるので助成対象に充分値すると判断した。

■プロフィール
sulvam(サルバム) 代表取締役兼デザイナー:藤田 哲平
1984年千葉県生まれ。
ヨウジヤマモトでパタンナーとして経験を積み、2013年 メンズブランド“sulvam”をスタート。
TOKYO FASHION AWARD受賞、Milano Unica「on stage」ランウェイショー参加、Vogue Italia主催「Who is on next? Dubai」メンズグランプリ受賞、第91回 Pitti Imagine Uomoにてランウェイショー参加、「LVMH Young Fashion Designers Prize」のセミファイナルに選出。

Officalwebsite: http://www.sulvam.com/

竹島綾氏ご紹介
■選考理由
(活動テーマ:ファッションブランド“ayâme”の運営活動資金として)
海外ブランドの実績もあり、技術も習得をされている。またテキスタイルの拘りや、クラフトを取り入れているものづくりはデザイナーの個性として評価に値している。

■プロフィール
ayâme(アヤーム) オーナー兼デザイナー:竹島 綾
東京生まれ。2016年セントラルセントマーチンズ学士課程ファッションニットウェア科を首席で卒業。在学中、イタリアでのアンブリアカシミアアワード受賞。日本人として初めて、シャネル傘下のクチュールアトリエ、メゾンルマリエにてテキスタイル刺繍のデザインを担当、またコシェのブランド立ち上げ時からニットウェアデザインに携わる。その後も各国にて様々な経験と実績を重ねる。帰国後、ニットデザイナーを経て、2017年に自身のブランド“ayâme”をスタート。

Officalwebsite: http://www.a-y-a-m-e.com/

吉田圭佑氏ご紹介
■選考理由
(活動テーマ:ファッションブランド“KEISUKEYOSHIDA”の運営活動資金として)
マーケットに寄り過ぎず、カルチャーを感じさせるものづくりで新しい価値創造をしようとしている姿勢を評価し今回審査員の特別選考とした。

■プロフィール
KEISHUKEYOSHIDA(ケイスケヨシダ) 代表兼デザイナー:吉田 圭佑
1991年東京都生まれ。立教大学文学部卒業。
ここのがっこう、エスモードジャポンを経て
’15A/Wより“KEISUKEYOSHIDA”をスタート。
’16S/Sより東京コレクションに参加。

Officalwebsite: keisukeyoshida.com

大野陽平氏ご紹介
■選考理由
 (活動テーマ:YOHEI OHNO 2018AWコレクションのモデルプレゼンテーション費用)
日本製の特徴的な素材にリアル感のあるデザインが良い。仕上がりの完成度を高めることにより将来性の発展に繋がると評価し今回審査員の特別選考とした。

■プロフィール
YOHEI OHNO(ヨウヘイ オオノ) 代表兼デザイナー:大野 陽平
愛知県小牧市出身。
早稲田大学を中退し、文化服装学院に入学。
その後文化ファッション大学院大学を経て、英ノッティンガム芸術大学に留学。
帰国後の2014年12月に“YOHEI OHNO”を立ち上げる。

Officalwebsite: http://yoheiohno.com/

【公益財団法人 日本服飾文化振興財団のデザイナー助成制度とは】
当財団は、服飾デザインに係る活動を行う者に対して助成することを目的として制定した「服飾デザイナー助成制度」に基づき、若手服飾デザイナーのデザイン活動を奨励するため2015年から実施。今回は、助成対象者には1名の上限を100万円とし、助成活動を行なっております。(申請内容よって金額は異なります)

(選考委員)
重松 理  財団法人日本服飾文化振興財団 代表理事/株式会社ユナイテッドアローズ 名誉会長
竹田 光広 株式会社ユナイテッドアローズ 代表取締役 社長執行役員
相澤 陽介 株式会社サーティーンワークス 代表取締役 White Mountaineering デザイナー
     adidas Originals by White Mountaineeringデザイナー  HUNTING WORLD クリエイティブディレクター

【選考会場風景】
助成制度は第4回目を向かえ選考会も初の展示会方式で各デザイナーがプレゼンテーションを行なうスタイルで開催した。

Photographer:Noriyuki Hata

服飾資料館の年末年始の休館日を以下のとおりご案内申しあげます。

■年末年始の休館日について
 2017年12月28日(木)~2018年1月8日(月)まで

※新年は2018年1月9日(火)からのアポイント受付となります。

本年も大変お世話になりました。
来年もなにとぞご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
2018年の皆様のご健勝を心よりお祈り申しあげます。
事務局一同

公益財団法人日本服飾文化振興財団の資料館は、ファッション業界に携わる方、そして新たにデザイナーを目指す方々を対象に、ファッション文化振興のために開放し、閲覧や服飾文化伝承のセミナーや講演会を実施しております。

今回は、当財団評議員の小林麻美氏をお迎えし、全2回のセミナーを開催いたします。
小林氏は当財団に180着のYSLのヴインテージを寄贈、財団ではそれを活用して2回の展示会を開催しております。

また昨今は、お子様を育て上げ、雑誌に登場し、モデルとしてだけでなく自分が今まで経験してきたことをフォトエッセイにつづるなど、新たな分野での活動もされています。
今回のセミナーでは、小林さんに時を重ねる中で常に自分自身をアップデートすることの大切さ、
そしてどのように今のご自分に至ったか、またこれからの生き方について語っていただきます。

【開催概要】
◆タイトル   昨日の自分より今日の自分 –小林麻美の考える素敵な時の重ね方—
◆日時     第一回2017年12月13日(水) 受付開始:18:30 セミナー時間:19:00~20:00
        第二回2018年 1月31日(水) 受付開始:18:30 セミナー時間:19:00~20:00
        ※全2回のセミナー終了後、懇親会(20時~21時)を予定しております。
◆場所     公益財団法人日本服飾文化振興財団「服飾資料館」セミナールーム
(住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F )
◆申し込み方法 以下メールアドレスにてお申込となります。
info@jflf.or.jp
※セミナーは内容変えて2回の開催となります。申込の際は参加回数も合わせて明記ください。

◆締め切り   ご好評につき定員に達したた締め切りとなりました。多数のご応募誠にありがとうございました。
◆参加費    無料
◆その他    筆記用具は各自ご用意ください。

【小林麻美氏プロフィール】
1970年代からモデル、歌手、女優として活躍。資生堂やパルコのCM、ヒット曲「雨音はショパンの調べ」
などで、スタイリッシュな女性の代表格的存在となる。1991年結婚を機に引退。
2016年「kunel」で25年ぶりに表紙を飾る。
現在、公益法人日本服飾文化振興財団評議員。

当財団ではファッション業界に携わる方、そして新たにデザイナーを目指す方々を対象に、服飾文化振興のため資料館を開放しております。
今回は服飾業界の将来を担うファッションデザイナーの創作活動を支援するため合同展示会を開催いたします。

《開催日時》
11月30日(木)11:00-18:00
12月1日 (金)11:00-16:00
入場無料

《場所》
公益財団法人 日本服飾文化振興財団「服飾資料館」
(住所/東京都港区赤坂8-1-19日本生命赤坂ビル8F)

《参加ブランドの紹介》
※PDF参照 relese3-s
《本件に関するお問い合わせ先》
公益財団法人 日本服飾文化振興財団 事務局 TEL:03-6894-1989

参加ブランドURL
Princess Hiromi
www.princesshiromi.com

SEIJI INOUE
http://seijiinoue.com/

kitakikaku
http://www.kitakikaku.tokyo/

17 Dix-sept
www.dix-sept.org